お知らせ

家庭と幼稚園・保育所をつなぐ 第1回 「夢中で遊びこむ中で学ぶ」

 
テーマ 「夢中で遊びこむ中で学ぶ~お店屋さんごっこ~」
 幼児期の教育は,生涯にわたる人格形成の基礎を培う重要な役割を担っています。生活や遊びといった直接的・具体的な体験を通して,人とかかわる力や思考力,感性や表現する力等を育んでいるのです。
 ある秋の日,年長の園児たちが,スポンジやビーズを使ってケーキつくりに夢中になっていました。「ケーキ屋さんみたいだね」という教師の言葉からお店屋さんごっこに発展していきました。
 たこ焼き,焼きそば,指輪等次々と品物づくりをしていきます。活動がクラス全体に広がると,お客さんとして年下の子を招待することを提案する子がいました。招待状を作ると,お客さんがわかりやすいようにと,看板を作ったり,店のレイアウトを工夫したりと,友達同士で話し合いながらアイデアを形にしていきます。クラスで話し合い,1週間後に開店することになりました。
 これは,教師が,お店屋さんごっこに発展することを期待して材料や時間,場を準備し,援助したことで起きた活動です。子どもたちが何に興味を持ち,必要としているかを見極め準備することで,子どもたちが遊びこめる環境が整うのです。
 このような体験の中ではぐくまれていった力が小学校以降の学びや生活につながっていくのです。

 平成30年1月広報潮来Vol.202号から「家庭と幼稚園・保育所をつなぐ」がはじまりました。子どもたちが幼稚園・保育所で学んだことを家庭で実践することで,切れ目のない学びの場と家庭をつなぎます。毎月発行される広報誌を読んでください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは潮来市役所 子育て支援課です。

〒311-2493 潮来市辻626

電話番号:0299-63-1111(代) ファックス番号:0299-80-1410

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

潮来市子育て応援いたここ-itaCoCo-ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?